上海銅先物相場:上昇-中国の経済成長を好感、需要改善観測高まる

26日の上海銅先物相場は上昇している。 中国の経済成長が過去11年で最も高い伸び率を示し、銅需要の改善が示唆され たことから買われた。中国は世界最大の銅消費国。

中国税関当局の25日の発表によると、同国の2006年12月の銅輸入は前年 同月比で55%急増し、10万1340トンとなった。また、中国国家統計局が同日発 表した同国の2006年国内総生産(GDP)は 前年比10.7%増だった。

中国国際フューチャーズのトレーディングマネジャー、沈剣雲氏は26日の インタビューで「経済成長が大幅な伸びを示したことにより、中国の銅需要の見 通しが改善された。このことが明らかに銅相場を押し上げた」との見方を示した。

上海先物取引所の銅先物相場4月限は、前日比最大950元(1.8%)高の1 トン当たり5万4800元。上海時間午前10時46分現在、5万4200元で取引され ている。

ロンドン金属取引所(LME)の銅先物相場(3カ月物)は、上海時間午 前10時44分現在、前日比10ドル(0.2%)安の1トン当たり5850ドル。 25 日まで5営業日続伸した。