ヤフー:10-12月の純利益20%増、主力事業の拡大で大幅増収増益(2)

ポータル(玄関)サイト国内最大手のヤフ ーは24日、2006年10-12月期の連結純利益が前年同期比20%増の152億円と 発表した。広告事業やリクナビ、オークションのサービスなど主力事業の拡大で 大幅な増収増益となった。

10-12月期連結の売上高は前年同期比17%増の545億円、営業利益が同 31%増の277億円、経常利益は同30%増の266億円だった。売上高は四半期ベ ースで過去最高を更新した。

10-12月期連結の部門別の動向では、広告事業が小口商品の広告主獲得な どで売上高217億円、営業利益121億円となった。ビジネスサービス事業ではリ クナビ、不動産の拡大や、ショッピングでストア数の増大、テナント料や手数料 収入の大幅増加などで売上高129億円、営業利益53億円。パーソナルサービス 事業では、オークション利用者の拡大を図ったことなどで売上高200億円、営業 利益129億円だった。

07年1-3月期の連結業績見通しは、売上高542億-562億円、経常利益 261億-273億円、純利益143億-150億円としている。同社は通期業績予想を 従来から発表していない。

株価終値は前日比200円(0.4%)高の4万7750円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE