アカデミー賞:「硫黄島からの手紙」や「バベル」が作品賞にノミネート

今年の米アカデミー賞に向け、各部門の 候補作品が発表された。「ドリームガールズ」は8部門でノミネートされたも のの、作品賞では候補に入らなかった。

前哨戦とされるゴールデン・グローブ賞で作品賞を得た「バベル」は、作 品賞や監督賞でノミネートされた。同作品では菊地凛子(りんこ)さんが助演 女優賞でノミネートされた。

映画興行成績を分析するメディア・バイ・ナンバーズのポール・ダーガラ ベディアン社長は「『ドリームガールズ』が8部門でノミネートされながら作 品賞で候補に挙がらなかったのは驚きだ」として、「関係者にとっては、ほろ 苦い日だろう」と話した。

「デパーテッド」、「クイーン」、「硫黄島からの手紙」、「リトル・ミ ス・サンシャイン」も作品賞にノミネートされた。米映画芸術科学アカデミー は23日、カリフォルニア州ビバリーヒルズで候補作品を発表した。

昨年に続き今年も、シリアスな主題を持つ作品が候補に選ばれた。ゴール デン・グローブ賞でドラマ部門の作品賞を得たバベルは、モロッコで射殺され た米国人女性を中心として展開する物語。硫黄島からの手紙は、第2次世界大 戦の激戦地での戦いを日本側の視点で描いた。この作品で、監督のクリント・ イーストウッドさんは監督賞にノミネートされた。

ダーガラベディアン社長は「暗い作品が多い」とコメントした。昨年の作 品賞候補も、カウボーイ同士の同性愛を描いた「ブロークバック・マウンテ ン」、ロサンゼルスの人種間の緊張を描いた「クラッシュ」、1972年五輪での イスラエル選手殺害事件に基づいた「ミュンヘン」と、シリアスな作品だった。 クラッシュが予想に反してブロークバック・マウンテンを抑え受賞した。

「ドリームガールズ」は、エディ・マーフィーさんが助演男優賞、ジェニ ファー・ハドソンさんが助演女優賞にノミネートされた。3人の黒人女性歌手 が名声を得るまでを描いた同作品は先週、ゴールデン・グローブ賞でミュージ カル・コメディー部門の作品賞を得ている。

「クイーン」は作品賞、ヘレン・ミレンさんの主演女優賞など6部門でノ ミネートされた。「デパーテッド」はマーティン・スコセッシ監督の監督賞な ど5部門、硫黄島からの手紙は4部門で候補となっている。

第79回アカデミー賞の授賞式は2月25日にロサンゼルスのコダック・ シアターで行われる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE