米大統領一般教書演説:二酸化炭素規制に関する内容は盛り込まれず

スノー米大統領報道官は22日、ブッシュ大 統領が23日行う一般教書演説について、二酸化炭素の排出量制限に関する内容 は盛り込まれず、化石燃料の代替エネルギーの開発が焦点になるとの見通しを 示した。

複合大手ゼネラル・エレクトリック(GE)や証券大手リーマン・ブラザ ーズ・ホールディングスなど企業10社は22日、二酸化炭素の排出量を今後15 年間で最大30%削減する目標の達成を大統領に要求した。これに対してスノー 報道官は記者説明会で「拘束力を持つ排出量制限に関する内容が一般教書演説 に含まれるとの観測が一部にあるが、大統領がそうした制限を提案することは ない」と述べた。

一般教書演説は23日午後9時(日本時間24日午前11時)の予定。

-- Editor: Sobczyk

--* 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Brendan Murray in Washington at +1-202-624-1804 or brmurray@bloomberg.net; Kim Chipman in Washington at 1-202-624-1927 or kchipman@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Michael Forsythe at +1-202-624-1940 or mforsythe@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE