国内石油元売り各社:2007年の全製油所定期修理計画が判明

【記者:岡田雄至】

1月17日(ブルームバーグ):石油元売り各社の2007年の製油所定期修 理計画がこのほど、判明した。国内石油元売り19社が加盟する石油連盟の資 料をブルームバーグ・ニュースが入手した。

この資料を元にしたブルームバーグ・ニュースの試算によると、日量476 万9610 バレル(06年12月現在)ある国内の常圧蒸留装置処理能力の26%が、 5月下旬に停止することになる。

みずほインベスターズ証券の河内宏文アナリストは「26%程度の停止であ れば例年と変わらない水準」と指摘、石油製品の供給がひっ迫する可能性は低 いとの見方を示した。昨年の5月下旬には、国内処理能力の24%に相当する常 圧蒸留装置が停止した。

常圧蒸留装置は、沸点の差を利用して原油をガソリン、灯油、軽油、重油 などに分別する石油精製過程の第1段階にある装置。

2007年の製油所定期修理の詳細は以下の通り。

-----------------------------------------------------------
会社名     製油所   常圧蒸留装置No    装置処理能力  停止期間
-----------------------------------------------------------
新日本石油グループ
新日本石油    室蘭         No.2        180,000     5/11-6/4
             仙台         No.1        145,000     なし
             根岸         No.1        120,000     なし
                         No.2        70,000      なし
                         No.4        150,000     なし
             大阪         No.1        115,000     4/24-5/23
             水島         No.2        110,000     なし
                         No.3        140,000     なし
             麻里布       No.4        127,000     4/26-6/4
            合計                     1,157,000
日本海石油     富山         No.1        60,000      なし
            グループ合計             1,217,000

出光興産      北海道        No.1        140,000     6/5-7/23
             千葉         No.2        220,000     4/15-6/4
             愛知         No.1        160,000     なし
             徳山         No.2        120,000     なし
            合計                       640,000

エクソンモービル・グループ
東燃ゼネラル      川崎         No.1        67,000      なし
                           No.2       185,000     5/15-5/31
                           No.3        83,000      なし
               堺          No.1       156,000     5/15-6/27
               和歌山       No.2        40,000      7/3-7/19
                           No.3       130,000     なし
            合計                       661,000
南西石油         西原         No.1        100,000     6/10-6/27
            グループ合計                  761,000

コスモ石油        千葉        No.1        110,000     3/22-4/29
                           No.2        130,000     5/7-6/23
               四日市       No.5        90,000      なし
                           No.6        85,000      なし
                 堺       No.1        80,000      8/27-10/16
                坂出       No.1       140,000     なし
            合計                        635,000

昭和シェルグループ
東亜石油          京浜       No.3        65,000      なし
                           No.5       120,000     8/27-10/2
            合計                        185,000
昭和四日市        四日市      No.2        75,000      なし
                           No.3       135,000     なし
            合計                        210,000     なし
西部石油          山口       No.2        120,000     なし
            グループ合計                  515,000     なし

ジャパンエナジー・グループ
ジャパンエナジー  水島       No.2        95,200      なし
                           No.3        110,000     4/18-5/24
            合計                        205,200
鹿島石油          鹿島       No.1        210,000     なし
            グループ合計                  415,200

極東石油          千葉       No.1        175,000      なし

九州石油          大分       No.1        19,000      5/14-6/15
                           No.3        136,000      なし
            合計                        155,000

太陽石油          四国       No.1       88,000       6/14-6/26
                           No.2        32,000       6/12-6/25
            合計                        120,000

富士石油         袖ヶ浦       No.1         52,000      なし
                           No.2        140,000     なし
            合計                         192,000

帝石             頚城      No.1          4,724      5/22-6/7
トッピングプラント

            総計               4,829,924
------------------------------------------------------------
*装置能力は2006年12月末現在。単位はバレル(日量)

石油会社は冬と夏にピークを迎える需要の端境期である4-6月に、製油 所の装置を停止し、法令で義務付けられた製油所の点検・補修作業を実施する。

注:石連加盟社は19社だが、共同運営などの場合があるため、上記の社 数となった。