OPECは追加減産で緊急会合の必要ない-サウジ石油鉱物資源相(2)

サウジアラビアのヌアイミ石油鉱物資源相 は16日、石油輸出国機構(OPEC)が追加減産を協議するため緊急会合を開 催する必要はないと述べた。インドを訪れている同相は、ニューデリーで記者団 に語った。

原油先物相場は今年に入り14%値下がりし、ベネズエラやアルジェリアは 3月15日に予定されている次回OPEC総会を待たずに何らかの行動を起こす よう呼びかけている。OPEC最大の産油国であるサウジはこれに反対の姿勢を 示した。

ヌアイミ石油鉱物資源相はニューデリーの空港で記者団に対し、「現時点で はそういった必要性は現実的ではない」と述べ、「ドーハでの前回会合の時点に 比べ、あらゆるファンダメンタルズが著しく改善している。この先、短期的に一 段と改善するのは間違いないと思われるため、市場は緊急会合を本当には必要と していない」と語った。

ヌアイミ氏の発言を受けて、原油先物2月限は約40セント下落。ニューヨ ーク商業取引所(NYMEX)寄り付き前の時間外取引で、現地時間午前6時 44分現在、1バレル=52.83ドルで取引されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE