ゴールデン・グローブ賞:作品賞は「ドリームガールズ」と「バベル」

米アカデミー賞の前哨(ぜんしょう)戦と もいわれる第64回ゴールデン・グローブ賞で、クリント・イーストウッド監督、 渡辺謙さん主演の「硫黄島からの手紙」が外国語映画賞を受賞した。

バイアコムの「ドリームガールズ」は、ミュージカル・コメディー部門の 作品賞、助演男優賞、助演女優賞の3つを獲得した。ジェニファー・ハドソン さんが助演女優賞、エディ・マーフィーさんが助演男優賞を受賞した。

菊地凛子(りんこ)さんが助演女優賞でノミネートされていた「バベル」 は、ドラマ部門の作品賞を得た。監督賞は「デパーテッド」のマーティン・ス コセッシ監督に決まった。

ドラマ部門の主演男優賞・女優賞はフォレスト・ウィテカーさん(「ザ・ ラスト・キング・オブ・スコットランド」)とヘレン・ミレンさん(「クイー ン」)、ミュージカル・コメディー部門はそれぞれサシャ・バロン・コーエン さん(「ボラット」)とメリル・ストリープさん(「プラダを着た悪魔」)が 受賞した。

最優秀アニメ賞はウォルト・ディズニーの「カーズ」が獲得、最優秀脚本 賞は「クイーン」のピーター・モーガンさんが受賞した。

映画会社別の受賞数はバイアコムが4.5で最多、次いでタイム・ワーナー 傘下のワーナー・ブラザーズが3.5となっている。ディズニーとニューズ・コ ープはそれぞれ3。