米マイクロソフト:Xboxの販売成績は目標以上-STB機能の追加計画

米マイクロソフトは、家庭用ゲーム機「X box」の販売成績が目標を上回ったことを明らかにした。来年の年末商戦ま でには、デジタルテレビやビデオオンデマンド(VOD)を扱えるセットトッ プボックス(STB)の機能を追加する方針だという。

マイクロソフトは年内に複数のテレビ・サービス業者と契約を結ぶ計画。 ビル・ゲイツ会長が7日夜、ラスベガスで開かれた世界最大の家電見本市「コ ンシューマー・エレクトロニクス・ショー」(CES)で明らかにした。Xb oxの昨年末までの販売台数は1040万台と、目標の1000万台を上回った。

ディレクションズ・オン・マイクロソフトのアナリスト、マット・ロソフ 氏は「マイクロソフトは、単なるパソコンソフトメーカーではないとの印象を 消費者に植え付けようとしている」と指摘。「企業向けソフトの分野で強みを 発揮してきたマイクロソフトが、個人にとっても魅力的なブランドであること を認知させるのはやや難しい」と語った。

ゲイツ会長にとってCESでの講演は11回目。今回は同会長とともに、X boxや携帯音楽プレーヤー「Zune」を扱う娯楽・デバイス部門のロビー・ バック社長も初めて講演した。

バック社長によると、同社はXbox対応ゲームの本数を今年末までに300 本以上と、現在の2倍以上にする方針という。

同社の5日株価終値は前日比17セント安の29.64ドル。過去12カ月間の 上昇率は9.8%。