韓国ウォン安定に向けた「資源は無限」-財政経済相代理、相場下落

韓国の財政経済相代理を務めるキム・スン ジン氏は22日、同国政府と中央銀行には通貨ウォンの変動が激しくなった場 合、同相場を安定させる「資源が無限に」あると発言した。同日の為替市場では ウォンが下落している。

キム氏はKBSラジオで、ウォン安定が必要だと「政府が判断すれば、われ われは中央銀行と協議できるし、われわれには無限の資源がある。市場参加者は これをはっきり認識すべきだ」と語った。

ウォンの対ドル相場は年初来で8.9%上昇し、アジア太平洋地域の15通貨 中、タイ・バーツに次いで上昇率が2位。22日は前日に続いて値下がりし、ソ ウル時間午前9時40分(日本時間同じ)現在、前日比0.06%下げて1ドル=

927.90ウォン。

キム氏はまた、来年のウォン相場には上昇と下落の双方向に影響する要因が あるとし、一方的に上昇すると判断するのは「誤り」と指摘した。さらに、「基 本的に市場が需給を決めるが、ウォンが短期的に過度な動きをすれば、それは経 済にショックを与えることになる。安定した経済には安定した通貨が必要だ。政 府はそれを維持するよう試みる」と語った。