三井物産:インド鉄鉱石子会社セサ・ゴアの全株放出へ-現地紙

22日付のインド・ヒンドゥスタン・タイ ムズ紙は、三井物産が51%出資する鉄鉱石子会社セサ・ゴア(ゴア州)の全保 有株を放出すると報じた。投資銀行筋の情報として伝えており、米モルガン・ スタンレー証券が株式売却のアドバイザーを務め、売却先候補にアルセロー ル・ミタルなどが浮上しているという。

三井物産は1996年にセサ・ゴア社に出資。同社は鉄鉱石鉱山のほかに高 炉やコークス炉も保有しており、新日本製鉄などに鉄鉱石を供給している。セ サ・ゴア社の時価総額は22日現在で487億ルピー(約1290億円)と、三井物 産出資直後の1997年3月時点42億ルピーから10倍に膨らんでいる。

三井物産は全世界でエネルギー・鉱物資源の新規権益獲得を進めるなかで、 投資資金ねん出のためにも既存事業の見直しを進めており、その一環とみられ る。

三井物産・広報担当は同日、報道について現時点でコメントできないとし ている。

三井物産の株価は前日比4円(0.2%)安の1730円(午後2時6分現在)。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE