NTTレゾナント:顧客情報4万4723件が流出-社員PC盗難で(2)

NTTのグループ会社で、ポータル(玄 関)サイト「goo」を運営するNTTレゾナント(東京、資本金200億円)は19 日、4万4723件の顧客情報が入った個人用ノートパソコンを社員が未承認で自 宅に持ち帰り、盗難に遭ったと発表した。口座番号やクレジットカードといった 信用情報は流出しておらず、不正利用の事実も確認されていないという。

NTTレゾナント広報担当の栗山恵介氏によると、社員は18日夜に帰宅し た際、盗難に気付いた。同社では顧客データが入ったPCを社外に持ち出すには 責任者の承認が必要だが、この社員は了承を取っていなかった。

PC内に保管されていた顧客情報は、昨年10-11月に実施したキャンペー ンに応募した顧客の氏名、住所、電話番号、年齢など。栗山氏によるとPCを起 動するにはパスワードが必要。仮に起動できたとしても顧客データを閲覧するに は、さらに別のパスワードを入力しなければならない。

同社では、対象顧客には個別に事情を説明するとともに、再発防止策として、 顧客情報の社外への持ち出し禁止をさらに徹底するとしている。

NTTレゾナントは2003年12月、現在は次世代ネットワーク(NGN)と 言われるNTTの光ファイバー事業構想に沿って、グループのブロードバンド (高速大容量通信)関連事業の中核会社として設立された。当初はNTTの全額 出資会社だったが、今年8月に、NTTの100%子会社NTTコミュニケーショ ンズの全額出資会社となった。

NTTの株価終値は、前日比6000円(1%)安の59万4000円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE