米シティグループの株価が上昇-メリルリンチが「買い」推奨(2)

18日の米株式市場で、米銀最大手シティグ ループの株価が上昇し、一時2.9%高となった。メリルリンチのアナリスト、ガ イ・モスコウスキー氏が同社の投資判断を「バイ(買い)」に引き上げたことか ら買われた。モスコウスキー氏は、米国内の金利環境の好転や海外事業の拡大 への期待を理由に挙げた。

シティ株は1.37ドル(2.5%)高の55.4ドルで終了した。4月以来の大幅 上昇で、年初来では約14%高となり、フィラデルフィアKBW銀行株指数を若 干上回る上昇率となった。

チャールズ・プリンス最高経営責任者(CEO)は先週、投資家向け会議 で、2007年の経費拡大を抑制する方針を示した。

モスコウスキー氏は18日付のリポートで、「シティは最近のコスト管理の 不備に気付き、問題に対処しようとしているようだ」と評価した。同氏は向こ う1年のシティの株価目標を61ドルとした。通期利益は前年比6.2%増の216 億ドルとなると予想している。

モスコウスキー氏は、短期の借り入れと長期の融資の金利差縮小に歯止めが かかったことで、シティの米国での利益が拡大するとの見通しを示した。また、 海外での業務拡大への取り組みが利益を押し上げるとの見方も示し、投資判断 を従来の「ニュートラル(中立)」から引き上げた。