米ゴールデン・グローブ賞助演女優賞に菊池凛子さんノミネート(2)

米アカデミー賞の前哨(ぜんしょう)戦 ともいわれる第64回ゴールデン・グローブ賞の候補が14日、カリフォルニア 州ビバリーヒルズで発表され、ブラッド・ピットさんらが出演する「バベル」 とマーティン・スコセッシ監督の「デパーテッド」が多くの部門でノミネート された。

バベルは作品賞と監督賞を含む7部門でノミネートされ、助演男優賞にピ ットさん、助演女優賞に菊池凛子(りんこ)さんがそれぞれノミネートされ た。デパーテッドは作品賞を含む6部門でノミネートされ、レオナルド・ディ カプリオさんが主演男優賞、スコセッシ監督が監督賞にそれぞれノミネートさ れた。

クリント・イーストウッド監督は第2次世界大戦を描いた2作品、「硫黄 島からの手紙」(渡辺謙主演)と「父親たちの星条旗」で監督賞にノミネート された。2作品でのノミネートは64年の同賞の歴史でも初めてだという。

受賞者は来年1月15日に発表される。その後、アカデミー賞の候補は1 月23日に発表される。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE