【きょうのチャート】ゴールドマンがメリルとモルガンSを圧倒

ゴールドマン・サックス・グループは証券 業界が過去最高益を記録した年に、ウォール街で最高の利益を上げた。ゴール ドマンは、株式時価総額でみても同業他社から抜きん出ている。

きょうのチャートは、ゴールドマンの時価総額がモルガン・スタンレーと メリルリンチの時価総額をどのように追い越したかを示した。白の横線は、ゴ ールドマンが今月900億ドルを突破したことを示したもの。黄色の横線は、モ ルガン・スタンレーの時価総額が2000年9月に1230億ドルでピークを付けた ことを示している。メリルの時価総額は800億ドル。

ゴールドマンは1999年5月に新規株式公開(IPO)実施した。ゴールド マン株は過去5年間で、配当を含めたベースで約139%のリターンをもたらし た。これに対してメリルは91%、モルガン・スタンレーは65%のリターン。

ゴールドマンが12日発表した2006年9-11月(第4四半期)純利益は、 前年同期比93%増の31億5000万ドル(1株当たり6.59ドル)。前年同期の純 利益は16億3000万ドル(同3.35ドル)。同社の9―11月期の株主資本利益率 (ROE)は41.5%、通年では32.8%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE