米バンク・オブ・ニューヨーク:メロンF買収へ、1兆9100億円相当(3)

米銀大手のバンク・オブ・ニューヨーク (BONY)は、資産運用の米メロン・ファイナンシャルを約165億ドル(約 1兆9100億円)で買収することで合意した。機関投資家向けカストディー(証 券管理)業務で世界最大の銀行が誕生することになる。

両社の4日の発表によると、BONYは合併後の新会社の約60%を保有す る。新会社の名称はバンク・オブ・ニューヨーク・メロンとなる。BONYの 株主は同社株1株につき、合併後の新会社の株式0.9434株を受け取り、メロン の株主は1株を受け取る。

新会社の保護預かり資産は16兆6000億ドルと、ライバルのJPモルガ ン・チェースを抜き、世界最大のカストディー(証券管理)銀行に躍り出る。両 社合計の総収入は約120億ドルに達する。

RBCキャピタル・マーケッツのアナリスト、ジェラード・キャシディー 氏は、「今回の買収で、資産運用や資産管理サービスで競争力を持ち、世界的に 強力な金融サービス会社が生まれることになる」と話した。同氏はBONYとメ ロンの投資判断をいずれも「セクターパフォーム」としている。

新会社の最高経営責任者(CEO)にはメロンのロバート・ケリー会長兼 CEOが就任する。BONYのトーマス・レニイ会長兼CEOは1年半の間、 執行会長を務める。BONYは1998年にメロンに対し、230億ドルでの買収を 申し出たことがあるが、当時のメロンのフランク・カフォーエット会長の反対で 実現しなかった。

BONYが先に発表した2006年7-9月(第3四半期)決算は、JPモ ルガンの信託部門買収のコストが響き、3年ぶりの減益となっていた。

4日のニューヨーク株式市場でBONYとメロンの株価は上昇。メロンは 前週末比1.91ドル(4.8%)高の41.96ドル。BONYは同3.37ドル (9.5%)高の38.85ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE