コンテンツにスキップする

村上被告が無罪主張、インサイダー事件初公判-宮内被告も証言(4)

ニッポン放送株の証券取引法違反(インサイダ ー取引)の罪で起訴された村上ファンド前代表の村上世彰被告(47)の初公判が東 京地裁で30日開かれ、村上被告は無罪を主張した。逮捕直前の会見では容疑を認め たが、保釈後否認に転じていた。日銀総裁辞任まで取り沙汰された村上ファンド事 件は検察側と弁護側が真っ向から対立して始まり、公判を重ねて司法判断が下る。

村上被告は開廷早々「無罪だと確信している」と述べた。ニッポン放送株につ いては「前から買っており、ライブドアを念頭において買ったわけではない」と述 べた。ライブドア前社長の堀江貴文被告や前取締役の宮内亮治被告の話については、 面白おかしく話していたと思っていたと語った。最後に村上被告は「わたしは法を 犯す人ではない」などと語り、罪状認否を締めくくった。

6月5日の会見ではライブドアからニッポン放送株大量取得を聞かされ、その 後の自身の株取得が証取法167条に触れたと認めた。村上被告関係者はこれについ て他幹部逮捕を防ぎファンド存続が狙いで、証拠検証の結果、司法判断を仰ぐべき とも判断したとしている。この日の法廷でも村上被告は同様の趣旨を発言した。

M&A(合併・買収)に精通している中島経営法律事務所の中島茂弁護士は、 この公判の本質はライブドア側の話がインサイダー取引の構成要件に当たるかどう かと強調した。そのうえで「信憑性や現実性があるかどうかがポイントになる」と 述べ、検察側と弁護側がそれぞれの立場を主張していくと述べた。

この信憑性や現実性は一般投資家が聞いて具体的にどう判断するかが大きな判 断材料になり得ると指摘した。実際にライブドアがニッポン放送株の大量取得を発 表した際に一般投資家は一緒に購入に動いていたと述べた。

検察側、立証に十分な自信

検察関係者は29日、「当然、立証には十分な自信を持っている」と余裕の構え で証拠や証人の準備は万全との姿勢を示した。共同通信によると、この日の公判で 検察側は、村上被告はフジテレビジョンと接触を重ねて保有するニッポン放送株の 高値売り抜けを狙ったが失敗した。その後は楽天の三木谷浩史・会長兼社長に株式 取得を提案したが拒否され、次に堀江被告らに持ちかけたと事件の背景を説明した。

その後ライブドアの大量取得方針を聞いた村上被告は部下に「買えるだけ買え」 と指示したという。さらにフジテレビがニッポン放送株にTOB(株式公開買い付 け)を仕掛けると、ライブドアと比較したうえで高いほうに売り抜けたと悪質さを 指摘した。

東京地検特捜部は6月5日の会見直後に村上被告を逮捕、同23日起訴した。起 訴事実を大筋認めたことから同26日に保釈されていた。

04年11月8日

ニッポン放送株をめぐっては村上被告が2004年9月15日に堀江、宮内両被告 に少額の購入を持ちかけた。これを受けて同11月8日に両被告らから大量購入意思 を聞かされた。05年1月6日にはTOBの際の協力依頼も受けた。この過程で11月 8日以降も村上被告が購入を継続したことを検察側は法令違反と指摘している。

村上被告は04年11月9日から05年1月26日までにニッポン放送株193万株 を99億5000万円で取得、その後の売却で約30億円の不正利益を確保した。

争点と証拠を洗い出す公判前整理手続きでは、この11月8日をめぐって①それ までにライブドアがニッポン放送株購入を決定していたか②これを村上被告は伝達 されていたか③村上被告は利益目的で購入を継続したか――などが論点に挙がった。 今後の公判でもこうした争点を軸に検察側と弁護側の激しい攻防が続く。

宮内被告が午後出廷、証言

この日の初公判には検察側の証人として宮内被告が午後に出廷した。宮内被告 は、村上被告から接触のあった04年9月15日の後にすぐさま資金調達を画策した などと発言、検察側の主張に沿った証言をした。

また「ライブドアはメディア企業がほしかったので、非常にいいチャンスを村 上さんからいただいたと思いました」と述べ、ライブドアとしてニッポン放送を通 じてフジテレビ買収を目指していたことを明らかにした。

地検特捜部は村上被告とともに村上ファンドの中核投資会社MACアセットマ ネジメントも起訴している。

弁護側は11月8日のライブドア側の意思表示は、実現性に乏しかったなどと主 張していくもようだ。公判は現時点で、2007年4月23日まで計29回が予定されて いる。判決は07年夏にも言い渡される見通し。

【村上被告公判期日一覧】(東京地裁、時間はいずれも午前10時から午後5時)
<2006年>
11月30日
12月1、18日、19日
<2007年>
1月11、23、24、30日、
2月6、7、13、14、19、20、27、28日
3月7、8、13、14、19、20、27日
4月10、11、12、16、20、23日

--共同取材 東京 日向 貴彦 Editor : Okimoto(has,kok)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE