コンテンツにスキップする

投資銀行のアジアでの収入が過去最高に-ゴールドマンや野村など好調

英紙フィナンシャル・タイムズ(オンライン 版)は13日、投資銀行のアジアでの収入は今年、過去最高に達するもようだと 報じた。調査会社ディーロジック・ホールディングスのデータを基に伝えた。 活発な資金調達とM&A(企業の合併・買収)が投資銀行の収入を押し上げた としている。

同紙によると、投資銀行はアジア地域で年初来、概算で52億ドル(約6110 億円)を得た。5年前に比べると2倍余りの水準だという。会社別では米ゴー ルドマン・サックス・グループが最大の4億5500万ドルを稼いだ。以下スイス のUBS、野村ホールディングスが続いている。

10月の中国工商銀行の219億ドル規模を含め一連の大型上場が相次ぎ、アジ アは投資銀行にとって収益の小さい地域との評判を返上したと同紙はしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE