台湾の陳総統:横領疑惑で夫人有罪なら辞任へ-テレビ演説

台湾の陳水扁総統は5日、テレビ演説で 横領疑惑を否定するとともに、夫人が横領疑惑で有罪となれば、辞任すると公 約した。また、立法院(国会に相当)に罷免決議案が提出される可能性がある ため、市民の支持を求めた。

陳総統はTVBSや地元テレビが中継した演説で、「わたしには恐れるも のは何もない」と述べ、検察当局が捜査している資金は公的かつ機密事項のた めに使用された「総統の資金」だと言明した。

総統夫人は3日に横領容疑で起訴された。陳総統は1時間にわたるテレビ 演説で、検察当局が台湾の安全保障を危機にさらしていると批判。立法院で予 想される罷免決議案の提出をにらみ、与党の結集を呼び掛けた。