NY金(2日):7週ぶり高値、ドル下落で需要増-オンス627.80ドル

ニューヨーク金先物相場は上昇し、7週間 ぶり高値となった。米景気減速を背景にドルが値下がりし、代替投資先としての 金需要が高まった。

ドルは今週、6主要通貨のバスケットに対して3週間連続安となる公算が大 きい。イーグル・フューチャーズのトレーダー、ニック・ルッジエロ氏は、「景 気はさほど良くないと一部で思われている。金が買われているのはそれが理由 だ」と話した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門では金先物12月 限が前日比8.50ドル(1.4%)高の1トロイオンス=627.80ドルと、9月6日 以来の高値。