米ヤフーの7-9月期:38%減益-低調な業績見通しで株価下落(2)

ポータル(玄関)サイト大手の米ヤフーが 17日発表した2006年7-9月(第3四半期)決算は、前年同期比38%減益と なった。10-12月期の利益と売上高がアナリスト予想に届かない見通しも明ら かにしたことから、同社の株価は時間外取引で一時2.5%下落した。

純利益は1億5850万ドル(1株当たり11セント)となり、前年同期の2 億5380万ドル(同17セント)を下回った。売上高は他社サイトでの広告販売 のコストを除いたベースで前年同期比20%増の11億2000万ドル。10-12月期 の売上高は11億5000万―12億7000万ドルとなる見通しで、アナリスト予想の 13億1000万ドルを下回る見込み。

ヤフーは第3四半期の利益予想の下方修正や、ネット検索広告用の新ソフ トの投入遅延で投資家の失望を招いていた。ヤフーは同業のグーグルやソーシ ャル・ネットワーキング・サイトのマイスペース・ドット・コム、動画共有サ イトのユーチューブ・ドット・コムとの競争激化に直面している。グーグルは 先週、ユーチューブを買収し、ヤフーに対する攻勢を強めている。

ヤフーの株価は年初来で38%下落している。一方のグーグルは同1.4%上 昇。決算は17日の通常取引終了後に発表した。時間外取引ではニューヨーク時 間午後4時53分(日本時間18日午前5時53分)現在、35セント安の23.80ド ル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE