今週の米経済指標見通し:CPIは低下、住宅着工は3年ぶり低水準に

9月の米消費者物価指数(CPI)は、ガ ソリン価格の大幅な下落を受けて前月比ベースで今年初めての低下になり、イ ンフレ動向が最悪期を脱した様子が示される見通しだ。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査(予想中央値)に よると、労働省が18日発表する9月のCPIは前月比0.3%低下と、昨年12月 以降初めて前月を下回る見込み。8月は同0.2%上昇だった。

エネルギー価格の低下は、金融当局が政策金利を据え置く上で特に必要と していたシナリオ。エネルギー価格が低下し、金利が安定すれば、米経済が不 動産不況を克服し、成長を続ける確率は高まる。

グローバル・インサイトのエコノミスト、ブライアン・ベシューン氏は「ソ フトランディング(軟着陸)の可能性がかなり高まった」と指摘。「原油相場は 下落し、金融当局は政策金利を据え置き、インフレ動向の不透明感は払しょく された」と語った。

食料とエネルギーを除いた9月のコアCPIは前月比0.2%上昇と、3カ月 連続の上昇になる見込み。前年同月比では2.9%上昇と、10年ぶりの大幅な伸 びになるとみられている。

労働省が17日発表する9月の生産者物価指数(PPI)は前月比0.7%低 下と、2月以降初めて前月を下回る見込み。8月は同0.1%上昇だった。コアP PIは同0.2%上昇になると予想される。

住宅着工、景気先行指数

商務省が同日発表する9月の住宅着工件数は前月比1.5%減の年率164万件 と、2003年2月以来の低水準を記録するとみられている。住宅着工件数は6- 8月に15%減少しており、9月も予想通りの減少になれば、建設業界が底入れ した様子が示されたことになる可能性がある。そうなれば、金融当局が経済成 長持続のために利下げを実施する必要性は低下するだろう。

JPモルガン・チェース銀行のエコノミスト、ハシーブ・アーメド氏は「わ れわれは、米経済は住宅セクターの調整を乗り切ることができるという見方を 強めている」と指摘。「金融当局が利下げを実施する必要はない」と語った。

民間調査会社コンファレンス・ボードが19日発表する9月の景気先行指数 は、最近の株高や消費者信頼感の上向きを反映し、前月比0.3%上昇と、3月以 来の大幅な伸びになる見込み。過去7カ月では5回低下になっていた。

米複合大手ゼネラル・エレクトリック(GE)のジェフリー・イメルト最 高経営責任者(CEO)は、先週の投資家会議で「米経済は堅調だ」と指摘。「イ ンフレ加速や金利上昇に対する耐久力が高まった。当社はそうした要因をビジ ネスモデルにおおむね反映することができた」と語った。

製造業者の中には苦戦を強いられている企業もある。連邦準備制度理事会 (FRB)が17日発表する鉱工業生産指数は前月比0.1%低下と、約3年ぶり に2カ月連続の低下になる見込み。自動車生産の落ち込みや、例年より涼しい 気候によるクーラーの使用量減少を受けた電力消費量の減少が背景にある。

ニューヨーク連銀が16日発表する10月の製造業景況指数は11.2で、前月 を下回る見込み。一方、フィラデルフィア連銀が19日発表する同指数は7.0と、 3年ぶりにマイナスとなった前月(マイナス0.4)から持ち直すとみられている。

ブルームバーグ調査

日付   発表時刻     経済指標                       予想     前回実績
********************************************************************
10/16    8:30   10月のNY連銀製造業指数           11.2      13.8
10/17    8:30   9月のPPI                      -0.7%      0.1%
10/17    8:30   9月のコアPPI                   0.2%     -0.4%
10/17    9:15   9月の鉱工業生産指数              -0.1%     -0.1%
10/17    9:15   9月の設備稼働率                  82.2%     82.4%
10/18    8:30   9月のCPI                      -0.3%      0.2%
10/18    8:30   9月のコアCPI                   0.2%      0.2%
10/18    8:30   9月の住宅着工件数           年率164万  年率166.5万
10/19    8:30   先週の失業保険新規新生件数      31.0万      30.8万
10/19   10:00   9月の景気先行指数                 0.3%     -0.2%
10/19   12:00   10月のフィラ連銀製造業指数         7.0      -0.4
*********************************************************************
 (%は前月比増減率)
(発表時間はワシントン時間)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE