米ナスダック:大口取引の処理能力高めたシステム、来年導入へ

米株式市場2位ナスダックの運営会社、ナ スダック・ストック・マーケットは、大口取引を同時に処理する能力を高めた システムを来年導入する計画だ。

今年から限定的にこのシステムの運用を開始し、来年はすべての取引時間 中に対応できるようにするという。インベストメント・テクノロジー・グルー プやリキッドネットといったブローカー各社が扱う大口取引の件数はここ2年 で急増している一方、ナスダックとニューヨーク証券取引所での平均取引規模 は400株未満に低下している。

ナスダックの取引サービス責任者、クリス・コンカノン氏はアリゾナ州ス コッデールで12日開催された証券業界の会合で、「われわれは小口注文には成 功したが、大口注文の呼び込みには失敗した」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE