ロシアのガスプロム副CEO:「サハリン2」の日本企業関係者と会談

ロシアの国営ガス会社、ガスプロムは13日、 アレクサンドル・メドベージェフ副最高経営責任者(CEO)が日本を訪れ、 石油・天然ガス開発プロジェクト「サハリン2」の出資企業や顧客企業と会合 を持ったことを明らかにした。

ガスプロムが電子メールで配布した資料によれば、メドベージェフ副CE Oは日本で液化天然ガス(LNG)などについて協議した。欧州石油大手、英・ オランダ系のロイヤル・ダッチ・シェルが主導するサハリン2は、2008年から 日本と韓国、メキシコ向けにLNG輸出を開始する計画。

メドベージェフ副CEOは、サハリン2に出資している三井物産と三菱商 事のほか、サハリン2の最大手の顧客企業である東京電力と東京ガス、中部電 力などの関係者と会談したという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE