世界のアナリストの株式調査正確度ランキングはこうして作られた

ブルームバーグ・ニュースがトップアナリス トを選出するために用いた手法は、全世界の2500人以上のアナリストが過去2 年間に発表した時価総額世界トップ200社についての投資判断の正確さを検証す るというものだった。投資判断の対象となった200社は、地域別では北米91社、 欧州73社、アジア31社、中南米5社。

2004年8月1日から06年7月31日までの間に発表された投資判断を調査 対象とし、投資銀行・調査会社350社以上からデータを収集した。この期間の 200社の平均トータルリターン(総投資収益率)は22%。

200銘柄の特定には当社端末のQSRC(株式銘柄検索)機能を利用、各銘 柄をカバーするアナリストと投資判断はANR(アナリスト・レーティング)機 能で検索し、TRA(トータルリターン分析)機能で各銘柄の当該期間のトータ ルリターンを計算した。

また、投資判断の呼称は各社さまざまだが、「バイ」、「ホールド」、「セ ル」の3段階に統一した。

ANR機能を使って個々の銘柄について、各アナリストの投資判断の変更と、 その後の各銘柄の動向について調べた。銘柄の中には、正しい判断を下したアナ リストが10人いたものもあれば、1、2人にとどまったものもあった。

ランキング作成では、まず、正しい投資判断の数を対象銘柄数200で除し た値を投資銀行・調査会社ごとに集計し、「トップ・リサーチ・ファーム」10 社を選出した。

アナリスト数は各社さまざまであり、公平を期すため、正しい投資判断の数 を各投資銀行・調査会社が発表した投資判断の総数で割ることで「打率」を算出、 トップ10を導き出した。地域別でも計算した。

投資判断が正確なアナリスト・トップ20は、複数の大型銘柄で正しい判断 を示したかどうかを考慮して選出した。

「トップ・リサーチ・ファーム」のトップ5はメリルリンチ、UBS、クレ ディ・スイス・グループ、モルガン・スタンレー、ドイツ銀行。「打率」トップ 5は、メリルリンチ、HSBC、モルガン・スタンレー、シティグループ、ドイ ツ銀行。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE