コンテンツにスキップする

米国株(29日):反落、経済指標で利下げ期待後退-四半期では堅調(2)

米国株式相場は反落。この日発表された 経済指標で、米連邦公開市場委員会(FOMC)がすぐには利下げを実施しな いとの見方が台頭し、続伸は4日で終了した。

パルト・ホームズなどの住宅建設株が3日連続で下落した。FOMCが政 策を変更しないとの懸念が弱材料。また、8月の個人消費支出(PCE)の増 加率が昨年11月以来で最小となったことが嫌気され、住宅関連用品小売り最 大手のホーム・デポや高級百貨店チェーンのノードストロムが下げるなど、小 売関連が軟調。

リサーチ・アフィリエーツ(カリフォルニア州)の調査・投資管理部門デ ィレクター、ジェーソン・フュ氏は、「FOMCが利下げを始めるというのは 既定の結論ではない」とし、インフレが「株式相場にとって恐らく最大のリス ク要因だろう」と述べた。

ダウ工業株30種平均はこの日は下落したものの、この日も前日に続いて 2000年1月14日に付けた終値ベースでの過去最高値を一時上抜けた。また第 3四半期としては、1995年以来最大の上げとなった。

ダウ工業株30種平均終値は前日比39.38ドル(0.3%)安の11679.07ド ル。朝方に一時、11741.99ドルまで買い進まれ、終値ベースの過去最高値

11722.98ドルを上抜けた。S&P500種株価指数は、前日比3.3ポイント (0.3%)下げて1335.85。ナスダック総合指数は同11.59ポイント(0.5%) 値下がりして2258.43。

利下げ見通しに不透明感

バンク・ジュリアス・ベアで420億ドル以上の資産運用に携わる世界株式 担当共同責任者、ブレット・ギャラガー氏は、「株式相場堅調の主因はFOM Cが利下げに踏み切るという期待だ」と語った。

原油価格の下落やインフレが抑制されている兆候を受けて、株式相場は過 去3カ月間上昇している。

S&P500種指数は四半期ベースでは5.2%上昇。ダウ平均は4.7%高、ナ スダックは同4%上げた。

週間ベースでは、S&P500種は1.6%高、ダウは1.5%上昇した。ナスダ ックは1.8%の上げ。

シカゴ購買部協会が午前10時に発表した9月のシカゴ地区の米製造業景 況指数(季節調整済み)は62.1と、前月の57.1から上昇した。新規受注がけ ん引した。ブルームバーグが実施したエコノミスト調査では55.7(予想中央 値)への低下が見込まれていた。同指数で50は景況活動の拡大と縮小の境目 を示す。

個人消費支出

米商務省が朝方発表した8月の個人消費支出(PCE)は前月比0.1%増 加し、前月の0.8%増から伸びが鈍化した。増加率はブルームバーグ・ニュー スがまとめたエコノミスト予想中央値(0.2%増)を下回り、昨年11月以来 (0.1%増)で最小だった。

また、金融政策担当者が重視する食品とエネルギーを除くPCEコア価格 指数は8月に前月比0.2%上昇と前月の同0.1%上昇から伸びが加速。同指数 のエコノミスト予想は0.2%上昇だった。

米銀最大手のシティグループは、景気拡大の鈍化でインフレ圧力が弱まる なか、FOMCは3月までに金利を5%に下げるとの見通しを示した。シティ はこれまでは、6月まで金利は据え置かれるとの見方を示していた。

S&P500種採用の小売企業で構成する指数は1.4%下げ、業種別24指数 のうち下げ幅が最大となった。ホーム・デポは前日比1.2%安、ノードストロ ムも下げた。

パルト・ホームズ軟調

パルト・ホームズは下落。S&P500種採用の住宅建設企業で構成する指 数は2.3%下げた。

携帯電子メール端末「ブラックベリー」を製造・販売するカナダのリサー チ・イン・モーションは大幅高。同社が28日に発表した2006年6-8月(第 2四半期)決算が予想を上回ったことや、需要増をけん引に第3四半期業績も 予想を上回るとの見通しを示したことが好感された。

半導体メーカーのテキサス・インスツルンツ(TI)は下落。シンクエク イティ・パートナーズのアナリスト、ロバート・バールソン氏は、TIの株式 投資判断を「売り」に引き下げた。同氏はTIの06年10-12月(第4四半 期)売上高は「現在の見通しを大幅に下回る可能性がある」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE