米国市場のアジア株:続伸、中国南方航空が高い-ソニーは下落

米国市場のアジア株は続伸。中国最大の 航空会社、中国南方航空(ZNH US)など航空株が上昇した。原油相場が下落し たことや、中国国際航空(AIRYY US)が同国の航空各社は国際線の燃料特別付 加運賃を引き上げると発表したことが好感された。同3位の中国東方航空 (CEA US)も高い。

バンク・オブ・ニューヨークが集計しているアジア企業のADR(米国預 託証券)指数は、前日比0.44ポイント(0.3%)高の141.57と、前日に続い て上昇。日本企業のADR指数は同0.59ポイント(0.5%)高の113.96。

ソニー(SNE US)が下落。ADRは同35セント安の41.6ドル。同社は28 日、世界的にリチウムイオン電池のリコール(回収・無償交換)を増やすこと を明らかにした。中国のレノボ・グループ(聯想集団)と米IBMが同日、発 火の危険性を理由にリコールを発表したのを受けた措置。

NEC(NIPNY US)も安い。ADRは同6セント安の5.56ドル。同社は 28日、2006年3月期(05年度)の年次報告書について、米証券取引委員会 (SEC)への提出を延期すると発表した。

シカゴ商業取引所(CME)の日経平均先物(12月限)は前日比115円高 の1万6095円。大阪証券取引所の終値は1万6050円、シンガポール取引所は 1万6055円だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE