東芝:フラッシュメモリーで首位奪還、4工場追加建設へ-収益向上

東芝の室町正志専務(セミコンダクター社社 長)はブルームバーグ・ニュースとのインタビューで、主力のNAND型フラッシ ュメモリー(電気的に一括消却・再書き込み可能なメモリー)事業を拡大し、ライ バル韓国サムスン電子からの首位奪還に向けて不退転の決意を示した。そのため、 07年度以降に工場をさらに4棟建設する構想を明らかにした。

東芝は、携帯音楽プレーヤーやデジタルカメラなどの記録媒体として需要が急 拡大しているフラッシュメモリーの増産を加速、事業拡大に注力している。08年 度までの半導体部門の計画では、メモリー事業の売上高は5000億円(06年度予 想)から9000億-1兆円弱へほぼ倍増する見込み。現在は東芝単独で25%の世界 シェアを、08年度には提携先の米サンディスクとの合算で40%を目指す。

同時に室町氏は、メモリー以外の主力事業も強化する方針を明確化。システム LSI(大規模集積回路)事業で早期に10%の売上高営業利益率を目指す一方、 世界シェア首位のディスクリート(個別半導体)事業はパワーデバイスや光半導体 などの主力製品群を増産し拡販する。これにより、半導体部門全体で少なくとも 13%の営業利益率を確保し、中期的には15%程度まで高めたい考え。

メモリー工場、第8棟まで視野

NAND型フラッシュメモリーを発明した東芝は、2001年ごろまで50%のシ ェアを握るトップだったが、その後はサムスンが急速に伸張したことで現在は2位。 室町専務は「当社のシェアと収益をきちんと確保することで、当然、首位に返り咲 きたいと思っている」と語り、「これだけの経営資源を投入したのだから、途中で ギブアップはしない」と強い決意を示した。

量産拠点の四日市工場は、8月に着工した第4棟までの計画は概要が大筋固ま った。最大生産能力は月産15万枚規模、総投資額はサンディスクとの合計で約 6000億円となる見込み。第5棟以降は別の地域で拠点を確保し、第8棟までの計 4棟を建設する方向で検討する。4棟分の建設に必要な投資額は2兆5000億円程 度に達する公算だ。

東芝は5月、第5棟の建設に向けて検討を開始したと発表。具体的な計画を 07年前半に決定し、09年には量産を開始する。ただ、需要は数量ベースで年率2 倍以上の伸びが予想され、生産能力のいっそうの拡大が必要と判断。室町氏は「第 5棟だけではなく、第6、第7、第8棟くらいまではリソースが分散しないよう、 同じエリアでつくりたいと思う」と述べた。07年度以降に着工する第5棟を皮切 りに「切れ目のない、連続的な(量産の)立ち上げを実現したい」としている。

一方のサムスンは、向こう7年間で330億米ドル(約3兆8000億円)を投じ て8つの工場を建設する計画を昨秋に決定。室町専務も「サムスンも2012年まで に7-8棟つくると言っている」と、競合他社の動向を強く意識。新規参入した米 インテルも、米マイクロン・テクノロジーと組んで米ユタ州に新工場を建設中で、 韓国ハイニックスも激しく追い上げている。シェア拡大を目指した投資競争と技術 開発競争は熾烈を極め、毎年のように各社が新工場を建設する勢いだ。

こうした状況を、室町専務は「パワーゲームの様相」と述べ、「プレーヤーが 4者に絞られてきたことで、過当競争は終焉に近づいている」と指摘した。上位4 者のサムスン、東芝・サンディスク連合、韓国ハイニックス・伊仏マイクロエレク トロニクス連合、インテル・マイクロン連合による戦いの構図が明確になっており、 「ある意味で競争がしやすくなった」とみている。東芝は1つの素子に2倍以上の 情報を書き込める「多値化」の技術で1年以上先行しているため、技術的な優位性 を保ちながら大容量製品の早期市場投入を続ける方針だ。

【NAND型フラッシュメモリー8社の世界ランキング(06年4-6月期)】 *T 売上高(増減率%) シェア

1.韓国サムスン電子 1,264( -20.1%) 46.2%

2.東芝 673( -16.0%) 24.6%

3.韓国ハイニックス 505( 5.0%) 18.5%

4.ルネサステクノロジ 145( -15.2%) 5.3%

5.米マイクロン・テクノロジー 68( -28.4%) 2.5%

6.伊仏STマイクロ 40( -49.6%) 1.5%

7.独インフィニオン 21( -19.2%) 0.8%

8.米インテル 18( 157.1%) 0.7% 計 2,734( -15.7%) 100.0% 出典:アイサプライ(2006年8月) 注)売上高単位:百万ドル、カッコ内は06年1-3月期との売上高増減比率 (%) *T

東芝の株価午前終値は前日比10円(1.2%)安の799円。

--共同取材 小笹俊一   Editor: Murotani

パベル・アルペエブ PAVEL ALPEYEV (81)(3) 3201-2137    palpeyev@bloomberg.net

小笹 俊一 Shunichi Ozasa (81)(3)3201-3624   sozasa@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo (81)(3)3201-3651   yokubo1@bloomberg.net

テオ チャンウェイ Teo Chian Wei (81)(3)3201-3623 cwteo@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE