上海の銅先物:一時下落した後、上昇-輸入業者による在庫積み増しで

上海銅先物相場は13日、一時下落した後、 上昇に転じた。1-8月に銅在庫を取り崩した輸入業者が在庫を早急に積み増す 必要があるとの観測が高まった。

中国税関当局が12日、ウェブサイトで発表した統計によると、同国の1- 8月の精錬銅・銅製品輸入は前年同期比24%減の130万トンとなった。8月の 輸入は18万4555トンだった。ブルームバーグのデータによると、前年同月は 23万7100トンだった。

キャピタル・フューチャーズの金属アナリスト、肖静氏は北京からの電話イ ンタビューで「中国の輸入業者は長期にわたって銅を買い控えていたので、早急 に購入する必要があるとの見方が広がっている。現時点の中国の銅供給は非常に ひっ迫している」との見方を示した。

上海先物取引所の銅先物相場11月限は、前日比最大1020元(1.5%)安 の1トン当たり6万7900元となった。午前の取引終了時点では0.5%高の6万 9280元。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE