世界で最も尊敬される企業は米GEなど3社、トヨタは4位-バロンズ

米紙バロンズが最新号(9月11日号)で公 表した運用者年次調査によると、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J) とゼネラル・エレクトリック(GE)、プロクター・アンド・ギャンブル(P& G)が、世界で最も尊敬される大企業100社の上位3社に選ばれた。

トヨタ自動車は4位、資産家ウォーレン・バフェット氏が経営するバーク シャー・ハサウェイは5位だった。ソフトウエアのマイクロソフトは「大ヒッ ト」商品がないことを理由に、2005年の3位から22位に後退した。投資家は、 同社の数十億ドルの研究開発(R&D)投資の成果が見えないと考えている。

最下位の100位は米タイム・ワーナーで、99位がフランス電力公社、98位 が中国の携帯電話会社チャイナ・モバイル(中国移動)だった。投資家らによ ると、尊敬される企業として最重要の条件は経営陣の強さだった。これに次い で、健全な事業戦略、一貫した売り上げと利益の伸び、倫理的慣行が重要視さ れている。

調査では、時価総額で世界のトップ100社について投資家の評価を求めた。 回答したのは85人の運用担当者だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE