上海の銅先物相場:5営業日続伸-中国の在庫減で供給懸念高まる

7日の上海銅先物相場は5営業日続伸。世界 最大の銅消費国である中国の銅供給が需要に対応できていないとの懸念が高まっ た。

銅相場が過去最高水準まで高騰し、中国のケーブルやワイヤメーカーが国内 産の銅や銅スクラップの消費を増やしたことから、上海先物取引所の指定倉庫の 銅在庫は年初来で17%減少している。スター・フューチャーズの先物トレーダ ー、李玲氏は、銅在庫が減少したためこれらの購入業者が市場に戻っていると指 摘する。

李氏は7日、上海からの電話インタビューで「現物市場の銅供給はひっ迫し ており、購入業者が手持ちの在庫に依存できる期間は限られている」との見方を 示した。

上海先物取引所の銅先物相場11月限(中心限月)は、前日比最大1130元 (1.5%)高の1トン当たり7万5080元となった。上海時間午前10時32分 現在、7万4800元。期近物の9月限は7万4800元で取引されており、現物供 給が需要に対応できていない可能性を示唆している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE