TSMCジャパン小野寺社長:半導体ファンドリー市場、2ケタ成長に

半導体ファンドリー(受託生産)メーカーの台 湾積体電路製造(TSMC)ジャパンの小野寺誠社長はブルームバーグ・ニュース とのインタビューで、世界のファンドリー市場は向こう5年間に年率平均12- 13%で拡大するとの見方を示した。このうち、日本のファンドリー市場は規模が小 さいことから「潜在的な成長余力が高い」とみて、平均20%台の年成長率が可能 と期待を示した。

TSMCはファンドリーで世界最大手。2005年の世界のファンドリー市場は 約165億ドルで、TSMCのシェアは50.4%だった。このうち、日本のファンド リー市場は8億-9億ドルと小規模だが、TSMCは日本でも50%超のシェアを 握っている。

TSMCジャパンの資料によれば、05年の売上高は約4億数千万ドル。国内 市場の低迷と顧客である半導体メーカーの業績不振を受け、前年との比較では 15%程度の減収になった。

小野寺社長は「昨年は国内市場がひじょうに厳しく、ファンドリー市場そのも のが縮小した。しかし顧客との関係強化に努め、当社の日本市場のシェアは10% 上昇した」と説明。06年以降は市況が回復するため、「世界のファンドリー市場 の伸び率を超える2ケタ増収をなんとか実現したい」と述べた。

--共同取材 小笹俊一  Editor:Murotani

テオ チャンウェイ Teo Chian Wei (813)3201-3623 cwteo@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE