上海銅:3カ月ぶり高値-業者による在庫積み増しの買い続くとの観測

上海銅先物相場は6日、3カ月余ぶりの高値 となった。中国のケーブルやワイヤメーカーによる在庫積み増しの買いが続くと の観測が高まった。

上海大陸フューチャーズの王崢氏らトレーダーによると、銅相場が5月に過 去最高値まで高騰したことを受けて購入業者による買いが減少し、在庫への依存 度が高まった。割高な期近物と期先物との価格差が拡大したことから、最近は購 入業者による買いが戻っていると、王氏はみている。

王氏は6日の電話インタビューで「購入業者は在庫に依存し続けることはで きない。買いを再開する必要があった」との見方を示した。

上海先物取引所の銅先物相場11月限は、値幅制限いっぱいの4%上昇し、 前日比最大2850元高の1トン当たり7万4120元と、5月30日以来の高値と なった。上海時間午前9時46分現在、7万3990元で取引されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE