コンテンツにスキップする

新日石:9月の原油処理量を16%減、自家発電設備の不具合-追加減産

石油元売り最大手の新日本石油は、9月の原 油処理量を前年同月比16%削減し、約390万キロリットルにすることを決めた。 同社の広報担当者が6日、明らかにした。

同社は8月30日、9月の原油処理量を同14%減の400万キロリットルにする と発表していたが、根岸製油所(横浜市)に設置した自家発電設備に不具合が生 じたため、燃料に使用する重油の生産を減らす目的で追加減産に踏み切ることに した。

新日本石油の株価は前日比6円(0.7%)安の867円(午前9時23分現在)。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE