コンテンツにスキップする

上海の銅先物:下落-米市場でのファンドによる売り越し増加を懸念

上海銅先物相場は14日、下落した。米商品 先物取引委員会(CFTC)が11日発表した集計で、投資ファンドやヘッジフ ァンドが売りポジションを増やしたことが示されたのを受けて売られた。

CFTCによると、ヘッジファンドなど大口投機家によるニューヨーク銅先 物の売り越しが、8日終了週に増加した。ニューヨーク商業取引所(NYME X)のCOMEX部門では、相場下落を見込んだ売り持ちが買い持ちを6594枚 上回り、売り越しは過去ほぼ2カ月で最高となった。

スター・フューチャーズの金属先物トレーダー、李玲氏は14日、上海から の電話インタビューで「ファンドは商品を売っているようだ。そのことが上海の 市場心理に影響を与えている」と指摘。「ファンドが商品市場から資金を引き揚 げ、他の資産を購入しているとの懸念が高まっている」との見方を示した。

上海先物取引所の銅先物相場10月限は、前週末比最大2550元(3.7%)安 の1トン当たり6万6650元となった。上海時間午前9時55分現在、6万7970 元で取引されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE