コンテンツにスキップする

三菱商:北越紙の増資完了、日本紙連合で王子紙「完全統合構想」阻止可

業界2強の一角の王子製紙に敵対的株式公開買い付 け(TOB)をかけられている北越製紙は7日、三菱商事への第三者割当増資が完了し たと発表した。北越紙は新潟工場への投資資金を確保した。三菱商は北越紙の筆頭株主 になり、実質2位株主の日本製紙グループ本社と連携すれば王子紙による北越紙の完全 統合構想を阻止できる。

北越紙は新株5000万株を1株607円で三菱商に7日に発行、三菱商が303億5000 万円を払い込んだ。北越紙は調達資金を新潟工場の塗工紙生産設備などへ投資する。同 時に三菱商の国際的な信用力と取引基盤を活用する業務提携もする。

三菱商は北越紙株の24.1%(議決権で24.4%)を保有する筆頭株主になった。北 越紙株については日本紙Gが6.4%(同6.5%)を保有しており、議決権で10%未満ま で買い増す方針を示している。この買い増しが進めば、三菱商と日本紙Gの持ち分は議 決権で3分の1超(33.4%)に当たる。

日本紙Gは、北越紙と三菱商に「緩やかな協力関係」を築くための協議に入る申し 入る方針。北越紙をめぐり日本紙Gと三菱商の連合が結成できるかどうかが、王子紙に よる北越紙への敵対的買収の行方を左右することになった。

北越紙株の午前終値は前週末比14円(1.7%)安の832円。日本紙G株は同1万 3000円(2.9%)安の43万3000円、王子紙は2円(0.3%)高の684円。

--共同取材 東京 松田 潔社 Editor : Ushiroyama

桑子 かつ代 Katsuyo Kuwako (813)3201-8311 kkuwako@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo (813)3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Peter Langan (813)3201-7241 plangan@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE