コンテンツにスキップする

東芝:フラッシュメモリ新棟に2年で3000億円投入、来秋量産開始(3)

半導体事業が好調な東芝は4日、NAND型フ ラッシュメモリー(電気的に一括消却・再書き込み可能なメモリー)の生産拠点で ある四日市工場(三重県四日市市)で第4棟の建設で、2007年3月期からの2年間 で約3000億円の投資を実施すると発表した。量産投資を加速し世界シェアを拡大 することで、最大のライバル韓国サムスン電子や、後発の米マイクロン・インテル 連合に対抗する。

四日市工場の第4棟は8月に着工、07年10-12月期に月産2500枚で量産を スタートし、1年後の08年10-12月期には月産6万7500枚まで能力を拡大する。 半導体の加工線幅は56ナノ(ナノは10億分の1)メートルのプロセス技術による 生産を開始し、順次、40ナノ、30ナノ世代の微細化技術を導入する予定。

06年3月期は、年間の設備投資計画3540億円のうち約7割をメモリー関連 の投資に充てる。このなかで05年春に量産が始まった第3棟には350億円を追加 投資し、07年9月までに最大生産能力となる月産11万枚体制とする。第3棟に続 き、第4棟も直径が300ミリメートルのウエハーを投入する生産ラインで量産体制 を敷く。

米ハイテク調査会社アイサプライによると、06年1-3月期の東芝の世界シ ェアは25%と、05年10-12月期に比べ6%拡大。一方、最大のシェアをもつサ ムスンは、東芝などの猛攻を受けて前四半期の51%から49%に低下した。東芝は、 NAND型フラッシュメモリーの需要拡大の波に乗り、新棟建設でさらに攻勢を強 める考えだ。

2006年のNAND型フラッシュメモリーの世界市場は、前年比29%増の138 億2600万ドルに成長する見通し。米アップルコンピューターの「iPod」など 携帯音楽プレーヤー、デジタルカメラ、携帯電話の記録媒体として需要が拡大して おり、当面は2ケタの成長が続く。この夏には、ハードディスク装置(HDD)の 代替記録媒体としてNAND型フラッシュメモリーを搭載した小型ノートパソコン も発売されるなど、新たな需要のけん引役も現れた。

これに対し、コンピューターの主要メモリーであるDRAM(記憶保持動作が 必要な随時書き込み読み出しメモリー)の市場規模は同6.2%増の263億5200万 ドル。フラッシュメモリーはDRAMの半分強を占めるまでに育っている。

東芝は5月に発表した09年3月期までの新中期計画で、半導体事業に1兆 200億円を投じる方針を決定。初年度となる07年3月期の半導体事業の売上高は 前期比21%増の1兆2500億円、営業利益は同23%増の1650億円となる見通し。 需要拡大と各社の増産に伴い、平均単価は年率40%程度の下落を予想するが、半導 体加工技術の微細化と、1つの素子に多くの情報を記録する「多値」の技術を活か して先行者利益の最大化を狙う。

東芝の株価は前日比9円(1.2%)安の728円(午後2時15分現在)。

--共同取材 PAVEL ALPEYEV  Editor:Murotani

パベル・アルペエブ PAVEL ALPEYEV (813) 3201-2137 palpeyev@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 室谷 哲毅 Tetsuki Murotani (813)3201-8960 tmurotani@bloomberg.net

Teo Chian Wei テオ チャンウェイ (813)3201-3623 or cwteo@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE