コンテンツにスキップする

日本紙G:北越紙株10%まで取得、王子紙TOBに対抗-提携申込(4)

王子製紙と並ぶ業界2強の日本製紙グループ本 社は3日、北越製紙の株式を三菱商事への増資実施後の議決権ベースで10%未満ま で買い進むと発表した。王子紙が進めている北越紙への敵対的株式公開買い付け(T OB)が成功すれば王子紙との格差が拡大するとして王子紙TOBに対抗する。

すでに日本紙Gは北越紙株の8.49%(増資前議決権ベース、増資後では6.4%) を取得、保有している。王子紙は7月23日、北越紙へのTOBの意向を表明(実施 発表は8月1日)した。これを受けて日本紙Gは、北越紙株を1366万4122株まで 市場で買い進んだ。さらに追加で取得していく。この方法は明示していない。

取得比率を10%未満に抑えるのは、独占禁止法の制約を受けないのが狙い。株 式を10%以上買い進むことは現時点で予定していない。今回の株式取得のフィナン シャルアドバイザー(FA)はモルガン・スタンレー。日本紙Gは北越紙に対して、 三菱商事を含めた緩やかな協力関係を築く協議も申し入れる。

都内本社で記者会見した日本紙Gの中村雅知社長は、北越紙の株式取得につい て「王子紙のTOB阻止することが目的の1つ」と述べた。同時に「阻止はできな いかもしれないが、相当な効果はある」と付け加えた。また、「北越紙を救済する 意図はない」と語り、M&A(合併・買収)での友好的な第三者ホワイトナイト(白 馬の騎士)として北越紙と関係している訳ではないと強調した。

王子紙という老舗大企業が日本初の敵対的TOBをかけた今回の案件は、さら に日本紙Gという大企業の対抗策を呼び込んだ。日本のM&A(企業の合併・買収) がまた新たな局面を迎えることになる。

三菱商事と合わせ3分の1弱

北越紙の増資後の発行済み株式数とこの日の株価終値で試算すると、日本 紙Gは新たに60億円強を投じて北越紙株を取得することになる。また、7月24 日からの北越紙株の売買高加重平均価格(VWAP)から試算すると、これま での株式取得に費やした資金は110億円前後になる。

日本紙Gが北越紙株を10%未満まで買い増すと、増資引き受け後に三菱商 事が保有する株式(24.1%)と合わせて3分の1近くの株式を握る。3分の1 超の株式を持つと、株主総会での特別決議について拒否権を持てる。

三菱商事は7日払い込みで北越紙の第三者割当増資304億円を引き受け、 北越紙の筆頭株主になる予定。

東京海上アセットマネジメント投信の夏目宏之・投資調査部アナリストは、 日本紙Gの北越紙株取得について「王子紙の行動に対して自らが業界再編の主 導権を握りたいとの考えがあるのではないか」と述べた。

また、ドイツ証券の石橋克彦・株式調査部アナリストは「サプライズであ り、王子紙のTOBに対してネガティブな要素が出てきた。昔ながらの産業が TOBに参入することは面白いし評価される」と語った。

一方で大和総研の安藤祐介アナリストは、日本紙Gの北越紙株取得につい て「ひとことで言えばまったく合理性のない投資行動で、マーケットの支持は ゼロかマイナス」と批判した。取得比率が中途半端で、効果も期待できないと している。今後については「紆余曲折はあるだろうが、最終的に王子紙のTO Bが進み北越紙との経営統合という筋書きになるのではないか」と予想した。

日本紙Gの北越紙株取得を受けて王子紙は3日、「われわれの経営統合案 は北越紙の株主、従業員をはじめとするステークホルダにとってベストな提案 と確信しており、TOB成功に向けて努力を継続する」とコメントした。

王子紙は1株800円で2日から北越紙にTOBをかけている。期間は9月4日 まで。最大で1658億円を投じて全株式を取得する。

日本紙G株の終値は前日比1000円(0.2%)安の45万6000円。北越紙株は同 16円(2.0%)高の830円、王子紙は1円(0.2%)安の680円。

--共同取材 東京 松田潔社、堤紀子、上村麗花 Editor : Ushiroyama(kok)

桑子 かつ代 Katsuyo Kuwako (813)3201-8311 kkuwako@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo (813)3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Peter Langan (813)3201-7241 plangan@bloomberg.net NI MNA NI ETDR

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE