松井証券社長:即時決済導入で「株取引に革命起こす」-夜間取引参入

「株取引に革命的な変化を起こす」――夜 間取引の参入を発表した松井証券の松井道夫社長は28日の決算発表会見でこう 宣言した。夜間取引に導入予定の売買と同時に決済を完了する即時決済取引は 「おそらく世界で初めて」という。売買から決済までは4日後と、これまでの 取引所の慣習を打ち破ることになり、松井社長は「投資家にとっては大変な利 便性向上」と強調した。

松井社長によると、即時決済取引の導入は1年以上も前から関係当局と交 渉を行ってきたという。日中取引に即時決済方式を導入すると発注システムに 過大な負荷がかかる懸念もあることから、夜間取引に参入し、即時決済の導入 を決めた。即時決済によって株券を売却した後すぐに現金を引き出すことやネ ットショッピングを楽しむことが可能となる。

2007年3月までにサービス開始を予定。取引時間は午後6時から日付が変 わるまでの6時間で、東証1部の銘柄など、できる限り多くの取り扱いを考え ているという。カブドットコム証券が8月に開設を予定している競売買(オー クション)方式と同じ方式を採用するが、売買審査では東京証券取引所の協力 を得る。

ネット証券間での手数料引き下げ競争は激化しており、松井証券は独自サ ービスの展開によって顧客の取り囲みを図る狙いだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE