6月米新築住宅販売:3%減の年率113万戸―価格は小幅上昇(2)

米商務省が27日に発表した6月の米新築 一戸建て住宅販売(季節調整済み年率)は、前月比3%減の年率113万1000 戸となった。ブルームバーグ・ニュースのエコノミスト調査では、115万戸 (予想中央値)が見込まれていた。5月の新築住宅販売は116万6000戸と、 速報の123万4000戸から下方修正された。また、販売価格中央値は前年比

2.3%上昇と、少なくとも過去1年間で最小の上昇にとどまった。

インサイト・エコノミクス(カリフォルニア州ダンビル)のスティーブ ン・ウッド社長は、「住宅部門の経済成長への寄与度は急速に後退している。 住宅建設業者が新築住宅の販売促進のために値引き戦略を取っており、住宅価 格の勢いは大幅に鈍化している」と指摘した。

6月末の住宅在庫は56万6000戸と、過去最高水準に達しており、前月の 56万2000戸からも増加した。新築住宅の在庫比率は6月に6.1カ月分(前月

5.9カ月分)だった。

建築が完了し、売却待ちの住宅件数は6月に13万2000戸となり、1972年 12月の記録開始以来最高水準となった。

6月の新築住宅価格(中央値)は23万1300ドル。