GAMのスミス氏は商品ヘッジファンドに夢中-業界では懐疑論も

約200億ドル(約2兆3068億ドル)相当 の資産をヘッジファンド投資で運用するGAMのデービッド・スミス氏(40)は、 商品ファンドにさらに資金をつぎ込んでいる。

スミス氏が運用する2億8000万ドル相当のグローバル・マルチアルファ・ ファンドの中で現在最大部分を占めるのがバミューダを拠点とするレッド・カ イト・ファンドだ。金属取引に特化する同ファンドの占める割合は3月時点で は上から5番目だった。

スミス氏はロンドンのオフィスで電話インタビューに応じ、「長期的にぜ ひとも投資したい2つの商品とはエネルギーとベースメタルだ」と語った。G AMはチューリヒを拠点とするスイスのプライベートバンク、ジュリアス・ベ ア傘下にあり、スミス氏はここでヘッジファンドに投資するファンドの投資責 任者を務めている。

同氏がスイスで登録するマルチアルファ・ファンドのパフォーマンスは競 合するファンドを上回っており、ドル建てで構成する部分の1-6月運用成績 はプラス5.1%。HFRIファンド・オブ・ファンズ・インデックスの成績はプ ラス4%だった。

リターン向上を目的に商品へ資金をつぎ込んでいるのはスミス氏だけでは ない。エネルギー・ヘッジファンド・センター(米テキサス州ウッドランズ) によれば、エネルギーや商品関連のヘッジファンドには現在約400億ドルが投 資されており、これは年初の300億ドルから拡大している。また、年初来50本 の商品ファンドが新設され、同種のへッジファンドは合計500本となった。

懐疑論も台頭

ここまで商品需要が高まると、好成績を本当にあげられる投資先を見つけ るのは困難になっていると指摘するのはABSインベストメント・マネジメン ト(米コネチカット州グリニッジ)のアラン・デ・コスター氏。同氏は商品に 投資するヘッジファンドに注ぐ資産量を減らし始めたという。

約12億ドルをヘッジファンド投資で運用する同氏は、電話インタビューで、 「この分野には過去2年で多くのヘッジファンドが新設された。昔と比べてそ の中で選択していくのはそう簡単なことではなくなった」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE