松下電産:4-6月純利益7.1%増、プラズマ好調-中間期上方修正

松下電器産業が26日発表した2006年4-6 月(第1四半期)の連結純利益は前年同期比7.1%増の358億円と、15年ぶりの高 水準に拡大した。中核商品のプラズマテレビやデジタルスチルカメラの販売を国内 外で伸ばし、増収増益となった。また、業績好調を受けて同社は中間期見通しを上 方修正した。

同四半期の連結売上高は同4.3%増の2兆1369億円、営業利益は同42%増の 651億円だった。部門別では、世界トップシェアのプラズマテレビや、後発ながら 順調に販売を伸ばしているデジカメを含むAVCネットワーク部門の営業利益が同 23%増の350億円と、全体をけん引した。

価格下落は市場の半分

同四半期はプラズマテレビの販売台数が同86%増の61万台に上った。通期で は前年比2倍の400万台を計画しており、順調な滑り出しとなった。金額ベースで は同65%増の1301億円の売り上げを確保した。

一般的なプラズマテレビの店頭での小売価格が同じ画面サイズであれば前年同 期に比べ約2割下落したのに対し、同社製品は大画面・高精細モデルの比重が増え たことから、平均販売価格の下落率が1割程度にとどまった。第1四半期は液晶テ レビの売上高も同約1.5倍の525億円に伸びた。

W杯向け在庫は第2四半期に解消

一部韓国や台湾メーカーの間で6月のワールドカップ(W杯)商戦が期待外れ だったとして、赤字や減益決算となったところもあったが、松下の川上徹也副社長 によると、同社では「やや期待外れだったが、ほぼ目標に近かった」という。在庫 も、通常は品不足の状態であるところ、今回は20日程度たまったが、これは第2 四半期に入って解消されていると説明した。

AV機器の主力製品の一角に育てたデジカメの売上高は、前年同期比2倍の 438億円に膨らんだ。収益を圧迫してきた携帯電話事業は、前年同期の34億円の 赤字から、今四半期は10億円の黒字に転換。1100人規模の人員削減や海外からの 撤退を柱とする一連のリストラの効果が収益改善に寄与した。

デバイスは再編効果で好調

電子部品や半導体などのデバイス部門も、自社のカーエレクトロニクス製品や AV(音響・映像)機器、通信機器向けを中心に、増収増益となった。同部門の営 業利益は、商品構成を絞り込んだ効果もあり、同2.4倍増の138億円に改善した。

白物家電のアプライアンス部門も冷蔵庫、洗濯機、国内のエアコンを中心に引 き続き好調だった。国内の白物製品を中心とするナショナル・ブランドの商品は、 業界で25%の市場シェアを獲得した。

傘下の松下電工・パナホームの営業利益も46%増益の64億円だった。不振が 続いている日本ビクターの営業損益は29億円の赤字で横ばいだった。

中間見通しを上方修正

第1四半期の好調を受けて、同社は9月中間期の業績予想を引き上げた。連結 売上高は前年同期比2%増の4兆3400億円、税引き前利益は同23%増の1900億 円を見込む。固定資産売却益の計上も見込んでおり、純利益は同40%増の900億 円 に上方修正した。

従来見通しは売上高が4兆2500億円、税引き前利益は1600億円、純利益が 700億円だった。通期予想は慎重な姿勢を維持し、据え置いた。

第一勧業アセットマネジメントの有村秀夫シニアファンドマネージャーは「決 算自体は良かった」としたうえで、「いまの時点で上方修正をするというのは会社 が業績に対して強気であると言える」との見方を示した。

松下電産の株価終値は前日比10円(0.4%)安の2315円。

--共同取材:鈴木牧子 Editor:murotani

(81)(3)3201-8374 ksuzuki3@bloomberg.net 東京 堤 紀子    Noriko Tsutsumi (81)(3)3201-8873    ntsutsumi@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo (813) 3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

テオ チャンウェイ Teo Chian Wei (81)(3)3201-3623 cwteo@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE