米国株時間外:決算発表受けTIとサンディスク上昇-指数先物も高い

米株式市場時間外取引では、携帯電話機向 け半導体メーカーで世界最大のテキサス・インスツルメンツ(TI)が上昇。 第2四半期(4-6月)の利益が前年同期比でほぼ4倍となったことや業績見 通しが好感された。

TIの株価はニューヨーク時間午後5時29分現在、1.06ドル(3.8%) 高の28.90ドル。同社によると、第2四半期純利益は23億9000万ドル(1株 当たり1.50ドル)となり、前年同期の6億2800万ドル(同38セント)から 拡大した。売上高は24%増加した。4月に売却した部門を除いたベースの1 株利益は47セントとなり、調査会社トムソン・ファイナンシャルがまとめた アナリスト予想平均に一致した。

TIは今四半期の1株利益が株式を基準とする報酬費用を含めたベース で最高48セントとなり、売上高は同39億5000万ドルとなると予想した。ト ムソンがまとめたアナリスト予想平均では、1株利益は45セント、売上高は 38億3000万ドルだった。

携帯端末向けメモリーカードメーカーのサンディスクは6.11ドル(15%) 高の46.31ドル。同社の第2四半期(4-6月)決算は、1株利益がストック オプション(自社株購入権)などの費用を除いたベースで58セントとなり、 パシフィック・クレスト・セキュリティーズのアナリスト、ルーベン・ロイ氏 の予想(46セント)を上回った。売上高は40%増加した。

インテルやデルなどの企業の業績見通しに対する投資家の失望感から、コ ンピューター関連株は低迷していただけに、TIやサンディスクの予想を上回 る決算は、こうしたハイテク株の下げに歯止めをかける可能性がある。

一方、オンラインのレンタル映画サービス会社、ネットフリックスは4.79 ドル(20%)安の18.97ドル。同社は通期の純利益が3000万―3500万ドルと なり、売上高は最低9億8000万ドルとなる見通しを示した。従来の予想は純 利益が最高3540万ドル、売上高は最低9億9000万ドルだった。

指数先物は上昇。S&P500種株価指数先物(9月限)は0.40ポイント 高の1267.90。ナスダック100種時間外指数は4.07ポイント上昇し1486.41。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE