財務次官に藤井主計局長、渡辺財務官は留任、-財務相が人事内示(2)

谷垣禎一財務相は21日午後、記者懇談を開 き、勇退する細川興一財務次官の後任に藤井秀人主計局長が昇格し、渡辺博史財 務官が留任する幹部人事を内定したことを明らかにした。28日の閣議で了承を得 たうえで、同日付で発令する。藤井氏は京都大学法学部出身で、東大卒でない事 務次官は故池田勇人氏(京大卒)以来約58年ぶり。

主計局長には津田廣喜官房長を、官房長には杉本和行総括審議官を充てる。 総括審議官には勝栄二郎・主計局次長が就任。福田進主税局長は国税庁長官に、 石井道遠・国税庁次長は主税局長にそれぞれ昇格。牧野治郎理財局長は留任する。

次期財務官になる可能性がある国際局長ポストには篠原尚行・国際局次長が 昇格した。井戸清人国際局長は勇退する。竹内洋関税局長も勇退し、後任には青 山幸恭・大臣官房審議官(関税局担当)が就任する。

谷垣財務相は懇談で、幹部人事の考え方について「財務省が抱える諸々の問 題に対して適格に対応していく体制をつくる。適材適所ということ」と説明した。

主な幹部経歴は以下の通り

【藤井 秀人(ふじい・ひでと)】1947年生まれ。71年京大法卒、同年大蔵省 (現財務省)入省。官房長などを経て04年7月から主計局長。島根県出身

【津田廣喜(つだ・ひろき)】1948年生まれ。72年東大法卒、同年入省。総括 審議官などを経て04年7月から官房長。北海道出身

【福田進(ふくた・すすむ)】1948年生まれ。1971年東大法卒。同年入省。国 税局次長などを経て04年7月から主税局長。奈良県出身。

【杉本和行(すぎもと・かずゆき)】1950年生まれ。74年東大法卒、同年入省。 主計局次長などを経て05年4月から大臣官房総括審議官。兵庫県出身。

【勝栄二郎(かつ・えいじろう)】1950年生まれ。75年東大法卒、同年入省。 国際金融局為替資金課長、大臣官房文書課長などを経て02年から主計局次長。

【石井道遠(いしい・みちとお】1951年生まれ。74年東大法卒、同年入省。総 括審議官などを経て05年7月から国税庁次長。東京都出身。

【青山幸恭(あおやま・ゆきやす)】1952年生まれ。75年東大法卒。同年入省。 横浜税関長などを経て04年から官房審議官(関税局担当)。神奈川県出身。

【篠原尚行(しのはら・なおゆき】1953年生まれ。75年東大経卒。同年入省。 大臣官房審議官などを経て05年10月から国際局次長。山梨県出身。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE