マイクロソフト4-6月期:減益、400億ドル自社株買い-株価上昇

ソフトウエアメーカー最大手の米マイクロ ソフトが20日発表した第4四半期(4-6月)決算は、24%減益となった。家 庭用ゲーム機「Xbox」関連の投資の増加が響いた。同社は400億ドル(約 4兆6800億円)相当の自社株を買い戻す計画を明らかにしたため、株価は時間 外取引で上昇した。

純利益は28億3000万ドル(1株当たり28セント)となり、前年同期の37 億ドル(同34セント)から減少した。訴訟関連費用を除いたベースの1株利益 は31セントとなり、ゴールドマン・サックスのアナリスト、リック・シャーラ ンド氏の予想(30セント)を上回った。売上高は前年同期比16%増の118億ド ル。

4-6月期に株価が14%下落したマイクロソフトは、2回に分けて最大200 億ドルずつ自社株を買い戻す。スティーブ・バルマー最高経営責任者(CEO) は、Xboxやインターネット関連ソフトへの投資に対する投資家の批判を自 社株買いで緩和させたい考え。また同社は、通期の利益と売上高の見通しを上 方修正した。

20日の通常取引終値は前日比55セント安の22.85ドル。決算は通常取引終 了後に発表した。時間外取引ではニューヨーク時間午後5時06分現在、1.35ド ル高の24.20ドル。

ウェントワース・ハウザー・アンド・バイオリックでマイクロソフト株な ど78億ドルの運用に携わるティム・アレン氏は自社株買いについて、「現在の 株価水準を考えれば、賢明な資本活用策だ」と評価し、「マイクロソフトは1株 利益を高める方策で合理的な決定を下している」と指摘した。

マイクロソフトは、7月1日に始まった今年度の利益が1株当たり1.43-

1.47ドルとなる見通しだとし、4月時点の予想の1.36-1.41ドルから上方修正 した。売上高は497億―507億ドルとし、従来予想の495億―505億ドルから引 き上げた。調査会社トムソン・ファイナンシャルがまとめたアナリスト予想平 均は、1株利益が1.40ドル、売上高は498億ドルだった。

第1四半期(7-9月)の見通しは、1株利益を30-32セントとした。ト ムソンがまとめたアナリスト予想平均は31セントだった。売上高は106億―108 億ドルとした。アナリスト予想平均は110億ドルだった。