6月FOMC議事録:金融政策めぐり「強い不透明感」-インフレ懸念(3)

米連邦準備制度理事会(FRB)が20日 に公開した連邦公開市場委員会(FOMC、6月28、29日開催)議事録による と、政策決定者は将来の金利政策をめぐり「強い不透明感」があると認識、また、 インフレは将来に低下が見込まれるものの、「懸念」だと表明した。

議事録によると、「多くのFOMCメンバーが将来の政策決定について、不 透明感が強まっていると指摘、1人のメンバーは、今回会合でのフェデラルファ ンド(FF)金利誘導目標の引き上げ決定は際どいものになろうと示唆した」。

FOMCは6月の会合で、FF金利誘導目標を0.25ポイント引き上げ、

5.25%に設定することを決めた。利上げは2004年6月以降、17度連続。議事録 によると、政策当局者は景気減速がインフレ抑制に寄与するとみている。

マクティア前米ダラス連銀総裁は、「どのような政策を取るべきかについて 不透明感が生じることは時々あるが、政策は通常、非常に明確だ。議事録からは 状況が変化していることが示されている」と述べた。

議事録によると、「FOMCメンバー全員が、最近、高水準にあるコアイン フレに懸念を表明した」。その一方で、「インフレ期待は抑制されており、労働 性の向上と手当ての穏やかな伸びを背景に単位労働コストも抑えられている。大 方のメンバーがインフレ率は下落すると予想した」。

6月29日のFOMC声明は、前回の声明よりも、将来の利上げの可能性に ついて控えめな表現になった。声明は、「追加的な金融引き締めが必要になる可 能性があるが、その程度と時期については、これから明らかになる情報に基づく インフレと経済の見通しの変化に左右される」と表明した。

経済活動の動向次第

議事録によると、FOMCが6月の声明で新たな表現を採用したのは、「将 来の会合での政策決定は既定路線ではなく、中期的なインフレや経済活動の動向 次第だと伝えること」が狙いだった。

バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長は19、20の両日、議会証 言で、「われわれはこれまで実施した政策によって今後出てくるはずの効果を考 慮する必要がある。つまり、政策効果は引き続き進行中だということだ」と述べ た。

また、FOMCは19日、エネルギー価格の上昇を理由に、今年のインフレ 率予測を上方修正した。金融当局者が重視する食品とエネルギーを除く個人消費 支出(PCE)コア価格指数は、第4四半期(10-12月)に前年同期比で2.25 -2.5%上昇するとみられている。今年2月時点での見通しは約2%だった。

コアインフレは高水準

議事録によると、FOMCメンバー全員がここ数カ月の間、高水準が続いて いるコアインフレに懸念を表明し、「もしこの状態が続けば、物価安定維持との 一貫性が取れなくなるとの認識を示した」。

一方でFOMCのスタッフエコノミストは、消費者物価が下期に「幾分低下 する」との予想を維持。「エネルギーや輸入価格が横ばいの動きになり、労働や 製品市場に若干のたるみが見られ始めた」ことを理由に挙げた。

議事録はインフレについて、「資源市場が比較的ひっ迫し、エネルギー価格 の上昇が与える影響に時間的なラグがあることから、インフレはしばらくの間、 やや高い水準が続く可能性が高い」とも分析した。

また、これとは別に連邦準備制度は20日、今年10月24日のFOMC会合 を、24、25の2日間の日程に変更することを決めた。「コミュニケーションに 関する問題を協議する時間を作る」ことが理由。

また、連邦準備制度は、来年のFOMC日程で、2日間にわたる会合を4度 開催することを決めた。従来は年に2度。「経済問題に関して掘り下げた話し合 いを持つ機会を持つため」としている。