米ヤフーの4-6月期は減益-売上高予想下回り時間外で株価下落

ポータル(玄関)サイト大手の米ヤフーが 18日発表した第2四半期(4-6月)決算は、売却益で利益が膨らんだ前年同 期に比べ減益となった。売上高は市場予想を下回り、株価は時間外取引で下落 した。

純利益は前年同期比78%減の1億6430万ドル(1株当たり11セント)。 前年同期は7億5470万ドル(同51セント)だった。前年同期の利益には、米 グーグル株の売却益5億6300万ドルが含まれていた。1株利益はジェフリーズ のアナリスト、ユーセフ・スクワリ氏の予想と一致した。売上高は前年同期比 26%増の15億8000万ドル。

他社サイトでの広告販売のコストを差し引いた純売上高は11億2000万ド ルとなり、スクワリ氏の予想(11億4000万ドル)に届かなかった。調査会社ト ムソン・ファイナンシャルがまとめたアナリスト予想平均では純売上高11億 4000万ドル、1株利益11セントが見込まれていた。

売上高は、一部投資家を失望させた。投資家はサイト改良やウェブページ 追加の効果で、売上高が予想を上回ると期待していた。ヤフーのテリー・セメ ル最高経営責任者(CEO)は、新機能の追加や広告ソフトの改善により、検 索連動広告の分野でも米グーグルの追撃を狙っている。

パイパー・ジャフレーのアナリスト、サファ・ラシュチー氏は「誰もが、 検索広告分野が改善すると見込んでいた」と話した。

決算は通常取引終了後に発表された。株価は時間外取引で一時、2.81ドル 安の29.43ドルとなった。通常取引終値は前日比40セント高の32.24ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE