5月の米卸売在庫0.8%増、予想上回る-売上高は1.6%増(3)

米商務省が10日に発表した5月の米卸売 在庫は前月比0.8%増加と、前月の1.3%増(速報値の0.9%増から上方修正) から伸びが縮小した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想 中央値は0.5%の増加だった。

5月の売上高は前月比1.6%増加し、前月の1.5%増を上回った。

売上高と比較した在庫量は過去最低水準に減少し、卸売業者が今後数カ月 間、引き続き在庫を積み増すことが示唆されている。エコノミストは、こうし た需要のために生産が誘発され、景気拡大の鈍化回避に役立つ可能性があると みている。

三菱東京UFJ銀行の上級金融エコノミスト(ニューヨーク在勤)、クリ ス・ラプキー氏は、「エネルギー価格の上昇や住宅市場の鈍化にもかかわらず 売り上げは引き続き驚くほど堅調で、企業在庫も増加している」と指摘した。

5月の売上高在庫比率は1.15カ月と、4月の1.16カ月から低下した。

5月の米卸売在庫額は3758億ドルに増加した。4月は3727億ドルだった。 一方、売上高は3255億ドルに増大した。

原油相場の上昇で、在庫額や売上高が押し上げられた。ニューヨーク商業 取引所(NYMEX)で取引される原油先物当限の平均価格は、5月はバレル 当たり70.96ドルとなった。4月は同70.16ドルだった。

5月の耐久財の卸売在庫は前月比0.8%増加(前月1.6%増)した。耐久 財の売上高は同2.6%増加した。前月は同0.2%増。

非耐久財の在庫は前月比0.9%増加し、前月の同0.8%増から若干加速。 一方、非耐久財の売上高は同0.7%増加し、前月の同2.7%増から減速した。