フロリダ州最高裁、懲罰的な損害賠償請求を却下-たばこメーカー勝訴

フロリダ州最高裁は6日、同州の喫煙者が アルトリア・グループ傘下のたばこ大手、フィリップ・モリスUSAをはじめ とするたばこメーカー数社に対し求めていた1450億ドル(約16兆6996億 円)にのぼる懲罰的損害賠償請求を却下した。

同最高裁は、マイアミ陪審員が2000年7月にフィリップ・モリスUSA やR.J.レイノルズ・タバコおよび他の米たばこメーカーに対して1450億 ドルという記録的な支払いを命じた判決について、再審査していた。フロリダ 州高裁は2003年5月に同判決に対する逆転判決を下していた。フロリダ最高 裁はこの日、この逆転判決を支持する判断を下した。

これを受けて、アルトリア・グループおよび、R.J.レイノルズ・タバ コを傘下に収める米たばこ2位レイノルズ・アメリカンの株価は過去最高値に 急伸した。ニューヨーク時間午後2時7分現在、アルトリア・グループ株価は 前日比3.97ドル(5.4%)高の77.30ドル。レイノルズ・アメリカンの株価は 同3.96ドル(3.5%)高の118.32ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE