上海銅:5営業日続伸-米利上げ休止観測でファンドの買い再開を期待

5日の上海銅先物相場は5営業日続伸。米金 融当局による利上げ休止をきっかけに、投資ファンドによる買いが再開されると の楽観的な見方が広がった。

5営業日続伸は、過去7週間で最長の上昇相場となる。上海東亜フューチャ ーズの袁芳氏ら原油や金、銅のトレーダーは、米金融当局が追加利上げを休止す れば、ファンドが商品相場全般への投資を再開するきっかけになる可能性がある とみている。

袁氏は「米金融当局が近い将来、追加利上げを実施することはないと投資家 らは確信している」と指摘。一方、「ロンドンの銅在庫は非常に低水準となって いる」との見方を示した。

上海先物取引所の銅先物相場9月限は、前日比最大1130元(1.7%)高の 1トン当たり6万6970元となった。上海時間午前11時21分現在、6万 6540元で取引されている。ロンドン金属取引所(LME)の銅先物相場(3カ 月物)は、前日比最大65ドル(0.9%)高の1トン当たり7475ドル。北京時 間午前11時15分現在、7405ドルとなっている。