中国製鉄各社:鉄鉱石19%値上げ受け入れの公算も-上海宝鋼幹部

中国最大の製鉄会社、上海宝鋼集団の幹部 は30日、鉄鉱石の19%値上げを受け入れる可能性があることを明らかにした。 同社は中国の製鉄各社を代表し、鉄鉱石供給企業と価格交渉に当たっている。

幹部によれば、日本や欧州の製鉄各社が、鉄鉱石供給大手、ブラジルのバ レ・ド・リオドセ(CVRD)や英豪系のリオ・ティント、BHPビリトンと 今月合意した値上げ率を、中国製鉄各社が受け入れる公算があるという。中国 側と鉄鉱石供給各社との次回交渉は6月に始まるとしている。

ABNアムロ・ホールディングのアナリスト、ロブ・クリフォード氏(メ ルボルン在勤)は、「中国側は追い詰められている。CVRDやリオ・ティント、 BHPが異なる値上げ率を受け入れるとは思わない。そんなことをすれば、ほ かの製鉄会社の怒りを買うことになる」と述べた。

同氏はまた、「需要は引き続き拡大しており、供給側は需要拡大への対応に 苦慮している」と指摘。ABNアムロによれば、19%はここ25年間で2番目に 大きな値上げ率。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE